口腔ケアを嫌がるのは、普通の歯ブラシだと痛いのが原因?

介護の現場でも、口腔ケアの重要性の認識が高まってきております。

 

口腔内を清潔に保ち、口腔内の乾燥を防ぐことで誤嚥性肺炎の発生を予防することがわかっています。

 

これまで、口腔ケアをしっかりと行えていなかった高齢者の口の中にはたくさんの汚れや舌苔(ぜったい)が蓄積しています。

それらを健常者が使う歯ブラシでゴシゴシやってしまうと、とても痛くてそれがきっかけで口腔ケアの拒絶が起こります。

それでも強引に行おうとすると噛まれたりという事故につながりかねません。

数日歯を磨いていないだけで、歯肉炎を起こしていることが多いため、普通の歯ブラシでは歯茎に痛みを感じます。

口腔内を清潔に保つには唾液の役割が重要です。歯茎を傷つけないやわらかい歯ブラシを使って、歯を磨くというよりは口腔内のマッサージを行い唾液分泌を促します。唾液が分泌されることで蓄積した汚れを浮き上がらせ、力を入れなくても容易に汚れを取ることが出来るのです。  

「初めての口腔ケアセット」

そこで、とてもやわらかい歯ブラシが入った便利な口腔ケア3点セットをご紹介します。うがい受けには名前が記入できて、入れ歯の管理にも便利です。

セット内容

・とてもやわらかい歯ブラシ

・きれいにとれる舌ブラシ

・うがい受け

  • 特徴1 
  • 口腔ケアセットに最低限必要なものをセットになっています。うがい受けには、名前が記入できるので、衛生面においても、避難所での入れ歯の管理にも便利です。

 

  • 特徴2 
  • とてもやわらかい歯ブラシ(キャップ付)は、痛くない歯ブラシで、歯茎を傷めずにお口の汚れを取りながら、お口の中をやさしくマッサージできます。唾液の分泌を促すので、乾燥した汚れも取れやすくなります。

 

  • 特徴3
  • きれいにとれる舌ブラシは、やわらか素材で安全に舌についた苔を取り、舌の根元までキレイに保ちます。 きれいにとれる舌ブラシでストレッチを行うと、舌の動きや感覚の低下を防ぐことができます。弱めの力でゆっくりと行うことがポイントです。
  •      
  • 効果的な使い方